読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥ずかしながら、新卒で採用されたときの職種は「システムコンサルタント」でしたよ。ええ、笑っちゃいますよね。

最近ブラウザを開いているとよく目にする某転職サイトの広告のコピーなんですけど、

「エンジニアって作るだけが仕事だっけ?」

「仕様書通りに作るのに飽きた」

というのがどうにも、いやいや待て待てと突っ込みたくなってしまう、非エンジニアな僕です。

やー、最近そろそろ自分がエンジニアというか技術者ではないよなぁと認めざるを得なくなってきてます、はい。技術「職」ではないのは、今現在の仕事がそうなんだから仕方がないとしても、もう僕は「技術者として」食べているとは言えないのかも知れないなぁと。

ただ、それはそれで、別にいいのかなという気もしてます。仮に今、新卒の頃に戻って選択し直すことが出来るならば、総務や人事、あるいは経理のような、これぞ事務という職種を選ぶんじゃないかと思ったり。

今の仕事に大きな不満はないですが、今の仕事は実は非正規なので、このままずっと働き続けるわけにはいかないし、働き続けようとしても難しいでしょうし、つまりはまだこの先の僕には転職の機会が巡ってくる可能性が大きいんですよね、例え望んでいないとしても。その時、僕はどんな職種を選ぶことになるんでしょう。や、もう、無責任なようだけど何か楽しみですわ、いっそ。