読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういえば、この前派遣会社の営業さんと会ったとき、「来年の4月」以降のことについても話をした。僕は来年度は幸い契約更新できたが、今の会社で派遣3年目になるので、来年度は派遣として働き続けることはおそらく無理。ということで、僕としては来年こそ正社員への転職を考えている。で、営業さんは、そうした正社員の求人の紹介も出来ると前置きした上で、常用で派遣を続けるという道もあると説明してくれた。おそらく、常用型派遣という形式のことを提示されたのだと思う。

常用型派遣は、派遣法改正の前までは特定派遣と言われていたものに近いようだ。要は派遣会社との間に期間の定めのない雇用契約が結ばれるということだと理解した。かと言って派遣会社の正社員になるというわけではないらしい。だから賞与もないし各種手当ても現状とあまり変わらないようだ。聞いた限りでは、安定して就業できる以外の部分は現状の派遣と同じ、ということで。正直に言わせてもらえば、冗談ではない。丁重にお断りしたい話だ。

今回は失敗したが、僕が転職で得ようとしていたものは、もちろん安定して就業できる点もあったが、何より待遇面、ぶっちゃければ給与。常用型派遣では、その点が満たされるとは思えない。今の時給が倍、いや3倍になるというなら、考えてもよいが。