読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少し前から、いくつかの求人に乱れ打ちのごとく手当たり次第に応募をしてみたが、案の定と言おうか、多くは書類選考で不採用通知が来た。人材紹介会社を経由するものはまだ結果が来ていなかったり選考中だったりするものがあるが、まあワンクッション置いているのでリアクションが遅いだけと考えるのが妥当だろう。

もう少し通用するかと思ったが、どうも、僕の経歴やスキルでは、少なくとも「引く手あまた」になるほど高く評価されるものではないということらしい。あるいはアピールのしかたがまずいという可能性もあるが。どちらにせよ、この4月から転職というのは難しいと認めざるをえない。

 

あるいはちょうどよいタイミングだったのだろうか。来年度の派遣契約の継続の話がきた。このことは昨日も書いたが、今日は改めて営業さんが職場に話をしに来た。

仕事内容にはまったく不満はないが、給与面は正直辛いということを伝えたところ、ささやかではあるが時給アップの話を提示してくれた。実のところ、契約更新1ヶ月前のこのタイミングで増額の交渉ができるほど、僕の職場=派遣先は柔軟な組織ではない。なので、派遣会社のほうで努力してみる、という回答を得た。ほんとに金額的にはささやかなものだが、精一杯の対応をしてもらえたことはありがたいと思う。

 

これを書いている今も、来年度も派遣で働き続けることに迷いはある。というか転職を諦めてはいない。だが、応募している求人案件も十中八九はだめだと思う。まあ、今月半ばくらいまでには結果が出るだろう。