読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒での就職活動とか、20代くらいの人間が転職活動するときは、「自分はこの会社で何をしたいか」をいかにアピールするかがポイントになる。

対して、今の僕のような30代、40代の転職のときは、「自分はこの会社で何が出来るか」をアピールするのが重要なのだろうと思う。

 

今日は面接に行った。

自分がこの会社で何が出来るか、とアピール出来たかと言われると、正直、自信がない。

前職の退職理由などを割と細かく突っ込まれた。どうも、その会社での仕事はそれなりにキツイらしく、それに僕が耐えられるか、すぐに辞めてしまわないかどうか、を見極められていたように思う。

 

待遇面ではかなりよい仕事だと思うのだが、話を聞く限りだと確かにきつそうではあった。まあ、楽な仕事などそうそうないので、ある程度ストレスがかかるのは覚悟しているが、果たして僕が耐えられるレベルのストレスなのか、耐えられる性質のキツさなのか、というあたりは、今日の話だけではよくわからない。

面接前に比べると、少し不安な部分があるのが正直な気持ちだ。

 

まあ、そもそも今日の面接に合格するかどうかも分からないのだし、それから悩んでもいいのかも知れないが。他の求人を探してみるべきかどうか、ちょっと迷っている。