読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に追われることがないというのも良し悪しですなぁ。

会社に行ってもやることがない。あ、いや、違うな。やることがないわけではないのですが、緊急性が高いものがあまりない、というか。突発で入ってくる仕事はありますけどね、そういうのは、たいていは10分か15分で片がつく性質のもので、まあたまに手こずってもその日のうちに終わる場合がほとんどで。んで、そういう突発の仕事もなく、ルーティンの仕事も済ませちゃうと、基本的に何もしなくてもよい時間ができてしまうわけですね、職場で。

そういう、時間に余裕が出来たときにやる仕事というものが、今の僕にはないんですね。こういうときには、緊急性は低いが重要度が高い仕事をやるべきなんでしょうが、思いつきません。普段の仕事のフローを見直すとか、将来を見据えた改善にとりかかるとかするのがいいのでしょうが、うん、そこまでする気がありません。

ぶっちゃけ、この3月で今の仕事の契約が切れるかも知れんのです。あと2ヶ月あまりしかいないかも知れない職場に対して、業務の改善案を出そうとかいう気は、あまり起こりません。正直、そこまで愛着のある職場ではないですし。あと、それほど重要な職務にあたってないので、大したアイデアも出せないという話もありますな。所詮、雑用係ですから。