いつもいつもそう考えているわけではないけれど、何というか、実のない仕事には飽き飽きしている。