読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防災の日は過去のいたましい災害が起こった日でした、ところで…

togetter.com

 

幽霊のたぐいについては、一応ニュートラルの立場でいたいと僕は考えています。非科学的な話だけど、そういうこともあるものかも知らん、まあいてもおかしくないよね、くらいの感覚で。

どちらかと言えば怖がりなほうで、ホラー映画やお化け屋敷は未だに苦手ですが、なぜかホラー小説は割と好きです。実話怪談系も、まあ嫌いではないかな。ただ、ホラー小説は何だかんだ言ってもエンターテイメントなので、楽しめる要素は盛り込まれているんですよ、僕に合うかどうかは別として。でも怪談話、それも書籍にまとめられたようなものではなくネットで書き散らされたようなタイプのものは、そもそも人を楽しませるために作られたものじゃないですからね、後味が悪いものも珍しくない。だからまあ、あまり自分から求めることはないかなぁ。

その点、上のリンク記事のような話は、何だかほっとしますね。いや、そういう表現をしていいのかどうか分かりませんが、別に(電車の遅延を除いて)被害が出たわけでもなし。真実はおそらく解明されないでしょうが、それでも特に問題ない(むしろ放っておいたほうがいい)、現代のファンタジーのような話。こういう話を聞いて、色々と想像したりして楽しむくらいの余裕は、あってもいいと思うんです。