読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金沢の初夏の風物詩と言えば、氷室まんじゅう

スーパーに氷室まんじゅうが並んでいました。もうそんな時期なんですね。

あ、氷室まんじゅうというのは金沢の和菓子です。いわゆる酒まんじゅうですね。色は花見だんごのように白、赤、緑の三色あることが多いです。江戸時代、旧暦6月1日(今の7月1日)に、加賀藩前田家が氷室の氷を幕府に献上しており、その際に道中の無事を祈ってまんじゅうを神社に供えたのが由来と言われています。現在でも、ちょうど今頃になると、金沢市や近辺の和菓子屋さんなどでは盛んに売られるようになります。また、氷室そのものも、金沢の郊外にある湯涌温泉(近年は「花咲くいろは」でも有名に)で毎年氷室開きが行われ、冬に貯めた雪が取り出されるのが初夏の風物詩となっています。

ああ、氷室まんじゅう食べたくなってきた。今年はいくつ食べられるかなぁ。