6月頃にあまり梅雨らしくなかった分を取り返すような、この数日の北陸の大雨である。まあそれでも、甚大な被害が出ていないだけ幸いだ。これくらいの雨は仕方ない。

楽しみなことが何もない状態から抜け出したいと思う。

墓参りに行き、亡くなった父や祖母、会ったことはないがそのまた親、そして先祖に思いを馳せた。そんな風に考えていたとき、たまたま、購読しているメルマガでも、先祖についての話が載っていた。

そんな風に、同じような話題が別の場所で同時に、ぽっと浮き上がることがある。気のせいかもしれない。シンクロニシティと呼ばれるものなのかもしれない。だが、何か意味があるように思えて、偶然と片付けるのははばかられる。

梅雨明けのニュースが続くが、北陸はまだ明けていないらしい。とは言ってももう夏に近い気温だし、そもそも北陸は雨が多いので、梅雨の間もいつもと変わらないようなものだ。

九州の豪雨、北海道の猛暑、そして関東で雹と、各地で天候が荒れる中、この北陸は比較的穏やかな気候が続いている。

今日も、30℃ほどまで気温は上がったが、やや曇りがちのためか暑さはさほどでもなかった。ありがたい。